HOME | 店舗紹介

PADI5スターダイブセンター

PADIフリーダイバーセンター

ポニ・ダイバーズ・バリ(S-24583)は、世界最大のダイビング団体PADIに正規登録されている実績のあるお店です。PADI5スターダイブセンター、PADIフリーダイバーセンターとしても登録されいます。ポニ・アプネ・バリはシュノーケル部門です。ダイビングショップだからこそ、バリの海を知り尽くしています。シュノーケルマスターにシュノーケルもお任せください。シュノーケルだけではなく、バリ島で唯一フリーダイビングまで教えることの出来る日本人インストラクターが常駐しているシュノーケルショップです。

シュノーケルは安全を考慮して最大4名の少人数制で催行致します。レベルに合わせて、その日のベスト・ポイントへご案内致します。万が一に備えてスタッフは緊急用酸素の取扱いや、ファーストエイド・トレーニングを定期的に受講して熟知しております。

 TOP
バリ島レンタル器材BCD
バリ島フリーダイビングスーツ

独自の高い技術でダイビング器材を作り続けて50周年を迎えたSCUBAPRO。ポニ・ダイバーズ・バリでは日本人にも人気の高いSCUBAPROをレンタル器材に選びました。

器材メンテナンスはSCUBAPRO公認器材整備資格を持ったスタッフが3名常勤して担当していますので、安心してお使い下さい。SCUBAPROの器材サービスの受付も行っております。お気軽にご相談下さい。

 TOP
BST JAPAN

弊社はBSTJapanに加盟しています。2014年の「バリ島日本人ダイバー漂流事故」を機にバリ島を拠点に活動する日本人系ダイビング事業者の有志により設立されました。安全対策に関して必要事項を協議し、事故の防止及び緊急時の迅速かつ適切な救助活動の遂行に必要な措置を講ずるとともに、安全で秩序あるバリ島のレジャーダイビングの普及と発展に寄与することを目的とした組織です。

また漂流事故の捜索参加経験で、ヘリ捜索への出動要請速度と重要性を弊社では重く考えました。弊社は単独でも迅速にヘリ捜索対応致します。
 TOP

弊社はBSTJapan加盟店インドネシア保険会社のダイビング保険に加入しています。弊社のレンタル器材が原因での事故、インストラクター、ガイドの過失によるダイビング中の怪我、レスキュー捜索もカバーされます。

インドネシアの保険は保障額も日本ほど手厚くはありません。手厚い保証をお求めの場合は、損保ジャパンの保険の保険がおすすめです。バリ島滞在中の怪我や病気、レンタル器材の破損、紛失もカバーしてくれる海外旅行保険にご加入をお勧めします。

弊社契約保険内容

後遺症:USD50.000
怪我:USD5.000
救援:USD10.000
死亡:USD50.000

 TOP